ホーム>大自然のニワトリブログ>チキントラクター制作

チキントラクター制作

日本の夏。チキントラクターの夏。

ちょっと間があいてしまいました、、、。
オニロク、とにかく飛び回っております!

場合によっては、道具と材料を積み込んで、その場で作るということもやっているんですが、今回は茨城県のI様の場合をご紹介させてください。

とにかく何がメリットかと言いますと、お客様の都合に合わせられるということが一番ですね。

わかりやすいところでは“サイズ感”というものがあります。
畑の片隅やお庭にそれを置いた場合のイメージというのがなかなか難しいこともありますよね。



メインのフレームを組んだだけで、ほら。
少しイメージできませんか?

もちろん強度や軽さを求めて作っていることなど、目の当たりにしてご理解いただけると思うんです。

 

飯田さま1.jpg
作り手として、いわゆる“売って終わり”なんてことは全く考えておりませんし、弊社でカタチにしたチキントラクターの使い勝手というものが、お客様の求めるものにマッチするかどうか、直接お意見を伺いながら、お客様の都合に合わせて作ることができます。
まさに暮らしの中にあるオリジナルアイテムに仕上げることができますよね。



それから一番重要な部分。防疫や防獣への対策も完成品だと見えないタネあかしも、そっとお伝えしたりして。w
そんなとこまで考えて作ってるんですねぇ〜なんてお褒めの言葉に調子も上々って感じで。。。笑

 

飯田さま2.jpg

 

それともう一つは、予算に合わせながらもしっかりとしたものにできるということです。

今回は、この状態でお渡しです。

 

飯田さま4.jpg

あれ? 屋根は?? 

はい。屋根を含め仕上げ作業はI様ファミリーによるD.I.Y.で予算に合わせさせていただきました。
重要な部分は出来上がっておりますので、あとは防疫に関するルールをご説明させていただいて、その範囲内でご自由に作っていただきます。I様はあまり手作りで作った経験はないようですが、私と話してる中でわくわくするものが湧き出したようで。。。w

いつものように、
「神経質にやる必要はありません。ざっくりやってみてください。楽しみながら間違いなくいいものに仕上がります。」とお伝えしました。

 

『花鳥風月』という言葉がありますが、I様のお庭に鶏が素敵な演出をしてくれることは間違いありません。

 

飯田さま3.jpg

 

 

今回のご縁も奇跡と感動で刻んでおきたいと思います。
I様、今後は「業者とお客さん」なんて肩苦しい敷居のないおつき合いをよろしくお願いいたします。
出来上がりの写真、お待ちしております。。。(^O^)/

 

D.I.Y.のお手伝い

出来上がりのチキントラクターを買う予算がない。D.I.Y.でその分を補うようにキット販売してもらえないか、というお問い合わせを頂くことがあります。

もちろん、弊社では特殊な工具や金物などを併用することで強度的な問題、特に外敵に対してテストを繰り返し、最適な仕様で作っておりますので、DIYとなるとその点がデメリットとなることは間違いはありませんので、おすすめできないことをお伝えした上で、ご要望にもお応えしています。

トータルでおいくらまでなら出資ができるかを伺って、可能な限りサービスさせていただきます。




今日は一例をご紹介いたします。
今回、ご紹介するのは『部材のみプレカット』でご用意するサービスになります。
要するに材料をカットして刻みや下穴の加工をし、どの向きにどの位置にどの部材を組んだり取り付けるのかがわかるように墨付け(印)をしたものをご用意することになります。

 




まず、お客様の作業スペース(作業台になるものの有無)やお手持ちの道具(金槌かインパクトドライバーか)などを伺って、どんな釘やビスが良いか判断し、考えて進めます。

 

以下、お客様にメールで説明させていただいた際に添付した画像の一部です。


部材カット①JPG

 

平らな台の上で、このように側面のフレーム材を並べて…

部材カット③.jpg下穴の位置に100mmの長さのビスを揉みつけて(打ち込んで?)いただきます…

部材カット④.JPG

向きがわかるようマスキングテープに記入…

部材カット⑤.JPG

各部材はそれぞれで束ね、「◯印のピンクのテープから、解きましょう。」なんて具合に…

部材カット⑥.JPG

 

もちろん完成に向けた説明や場合によっては、手描きのイラストで間違いのないように楽しみながら作っていただけるようにしています。


フレームを組むとその次に金網を張るという難関が待っています。
適当に貼ってしまうと、いともたやすく獣に破られるという問題が待ち構えていますが、DIYでチャレンジするのもいいかもしれませんね。


 

オニロクのこだわり 〜其の参〜

さて、私どもが作るチキントラクターを作る上でどうしても他に譲れないこだわりがございます。
これを不定期でご紹介しておりますが、今回は第3回目ですね。よろしければ最後まで読んでいただけると嬉しいです!


3つ目のこだわり。つまりそれは、
“森林(やま)の恩恵で生み出す。 

 

弊社、工房鬼六が作るチキントラクターは、さわら・杉・赤松など数種類の木材で作っていますが、すべて日本の山で育った木です。
LCMC両モデルについては、厚さ12mmの針葉樹構造用合板を使っています。主に建築現場で使われる針葉樹を加工して作られた合板になりますが、この合板の素材も国産のカラマツなんですよ。

輸入材を使った方が安くできそうなのになぜ?...というお声を頂戴したこともありますが、コストなんてものは大して変わりません。
輸入材が劣悪で国産材が優れているというわけでもなく、とにかく日本で使うものですから、日本の気候風土で育った木で作るということにこだわりたいのです。それは、前回のACQ(防腐処理剤)の注入と合わせ、長期にわたって使えるものを作るということにつながりますが、もうひとつ、理由があるんです。

人工林(植林された森林)の問題を抱えている日本の森林(やま)を少しでも活かす方向へ運びたいのです。

 

自然林(自然のままの森林)が持つ力は次のようなものです。

これらは残念ながら人工林と比べてはるかに優れていると言われています。
・生物同士が支え合って生きていけるという根幹にあるもの。
・様々な樹木の落ち葉や枯葉、生物の糞や死骸などによってつくられる豊かな土壌。
・その土壌と樹木の根がによって生まれる保水力。
・二酸化炭素を吸収して酸素を放出、大気中の汚染物質を吸収する浄化作用。

 

 

伊那の森林.jpg

 

また、森林(やま)は海を豊かにしていると言われています。
山の樹木から落ちた葉や、森の土壌に含まれる多くのミネラルをはじめとする様々な物質が雨水や地下水に溶け込み、川を流れて海洋に運ばれ、植物性プランクトンを大発生させ、大きな食物連鎖へとつながる。


ニュースで自然災害のように伝えられていましたが、大雨が続いて地滑りが起きたり、野生動物による事件では、熊が里山だけでなく市街地にまで現れて死傷者が出たことなど。
本当の原因が、じつはヒトが手を加えたことにあるのではないかと思えてなりません。
もしそうだとしたら、これ以上の自然破壊はないのではないか。


私は大工ですから、建築や家具には、気候風土の合った地元の木材を使うようにしてきました。古より山を大切にし、樹木を育て、活用することで調和がとれ、豊かな『暮らし』が実っていたんだなぁと。
田舎暮らしや里山に限ったことではなく、つまり間接的にも言える事だと思うのですが、真のオーガニックとは、そういった自然の循環作用に恩恵を授かる暮らしだと思うんです。


チキントラクターでは鶏がその地の環境を整えます。
「生態系」と連想するキーワードとして「弱肉強食」なんて言葉が一番に出てくるかもしれません。
確かに食物連鎖というものがあるんでしょうけど、本来は自然のサイクルによって調和がとられ、動物も植物も虫も微生物も「お互い様」で生きていた。つまり生態系とは「共存共栄」を土台に理解すべきではないかと思います。

 

さて、
長い地球の歴史の中で、この100年だけピックアップしてみると、どうでしょう。

ヒトは限りある地球の資源を使いたい放題使ってると言えるのではないでしょうか。
あまりにも不自然なものを作ってしまったゆえに地球規模の大問題に発展してゆく原発事故。

ワクチン、化学調味料、遺伝子組み換え、、、おいおい、人間どもはどこに向かってるんだ!? 日々、鶏を見ていると彼らはずっと先を見据えていてヒトを見て、そうつぶやいてる気がするのです。


ちなみに
地球誕生から46億年と言われてますが、仮に東京-新大阪(515.4Km)を46億年に例えると100年ってどんな距離だと思います?
なんと11.2mm、およそ1cm程度になります。

考えて行動に起こす時が来てますよね。。。。
 

やれやれ、今日は長文におつきあいいただきありがとうございました。
私ども工房鬼六のチキントラクターは、小さな取り組みなのかもしれませんが、願いは一つ!
大きな「可能性」に向かい作り続けますよ!!

ニワトリのいる暮らし

こんにちは!
じつはこのところ、工房主が体調を崩しており、ややスローペースですがスタッフの手で進めております。

安心してください! 進んでますよ! 笑



ということで、今日は見たことがあるようで新しい。MCモデルをベースにしたカスタムモデルが出来上がりましたのでご紹介させていただきます。ご検討中の皆さんは、参考になさってくださいね。

家庭菜園の脇に鶏がいるといいなぁ〜とホームページからお問い合わせをいただいた長野県内にお住いのM様。
そんなにたくさん飼うわけではないし、MCモデルのサイズがいいんだけど、玄関先でもあるし見栄えにもこだわりたいとのこと。


通常、MCモデルには合板の巣箱がのるところを無垢板材で作ること。
ACQモデルのように屋根の形状。
その他、季節によって強い風が吹くので巣箱の下は板壁にしておきたい。などなど...

希望に合わせ完成。2羽のひよことともに納入いたします。


達者でな〜☆

 


宮田村M様 MC-Custom①.JPG

 

宮田村M様 MC-Custom.JPG

オニロクのこだわり 〜其の弐〜

まいど、お世話様です! オニロクです!

さぁ今日も、弊社のチキントラクターの特徴をひとつ。

お題はズバリ!高耐久防腐処理 ↔︎ ACQ ‼︎ です。。。


銅と第4アンモニウム塩を配合した環境に優しい防腐剤で、天然木の腐敗菌、シロアリ、木喰い虫から材木を守り、
強い効力を長期にわたって発揮します。塗布後は、緑色をしていますが、数ヶ月間外気にさらされて暖かみのある
茶色に変わり、最終的には灰色になる。ととあるところで紹介されています。


 

ACQ注入材.JPG

 


このACQなるもの。チキントラクターに求められる実用性には必要不可欠なものと考えております。
最近ではホームセンターでもACQ材という文字を見かけたりしますが、弊社がお願いしているランバーテックさんの注入は別格で、材の中心部まで入っている。つまり、木材全体をきちっと防腐処理されているわけですね。


弊社のACQモデルは製材された杉、もしくはサワラを主に使用しています。ご存知の方もおられるかと思いますが、軽くて腐りやすい木ということになりますが、ACQによる防虫防腐処理をすることで軽くて腐りにくい、そして30年もの間、腐朽菌発生を抑止するという夢のような木材に生まれ変わるわけですね。
ちなみに動物植物にはまったく無害。生態系にも優しいということになります。

 


そして、これが刻み終えた構造材です。フレームを構成するものになります。

ACQ刻み.JPG

 

すっかり定番になったACQ-002(中央)とACQ-002ワイド(左)の完成品です。

ACQ-002とワイドタイプ.JPG

 


オーダーメイドで木製の瓦なんていう隠しメニューもあるんですよ。(o^^o)
 

ACQ木製瓦.JPG

 

かなり雰囲気が変わりますよね。
ACQモデル、オススメですよ〜☆

オニロクのこだわり 〜其の壱〜

こんにちは! 工房鬼六の藤田です!
信州伊那谷も日中の気温はぐんぐん上がってきました。暑いです!
今日もすっかり初夏という雰囲気です。
これが夕方になると急に気温が下がり、肌寒くなるのが厄介なんですけどね。


さてさて、今回から不定期ではあるのですが、チキントラクターを作る上でこだわっている部分を少しずつご紹介させていただきたいと思います。DIYでチャレンジされる方は参考にしていただいてもかまいませんし、ご相談もお受けしています。


まず今日のお題は
FENCE OF DEFENSE ‼︎ 

というわけでロックバンドではなく、かわいい鶏たちを『守る』こだわりから始めたいと思います。

 


201651583338.JPG

まず、周囲に張っている網ですが、亀甲金網と呼ばれる写真のようなものを使っています。
材質や編んでいる針金の太さ(線径)、網目の大きさ(目合い)などによってその種類はたくさんあります。
その中で標準仕様としているのは、ステンレス製で、線径が0.57mm、目合いは16mmというものです。

ステンレスは錆びにくいだけでなく、粘りけのある性質で、引きちぎろうとしてもなかなか難しいです。
これが鉄製で亜鉛めっきのものになると、まず線径が太くなります。これは強度をもたせるためだと思いますが、キツネが子育てをしているような最も獰猛な時期は見事に切り裂いてしまうことを覚えておいてください。
冗談ではなく、弊社の実証実験でも得られた結果であります。

16mm目合いというサイズは、以前にもお伝えしましたが、農林水産省の飼養衛生管理基準に20mm以下が望ましいと謳われている『防疫対策』で選んだものになります。

そして、肝心なのがそれをどのように固定するか。
完成品では見えない部分を次の写真でご覧ください。(クリックすると拡大されます。)


金網タッカー留め.jpg

なにやらホッチキスの針のようなもので細かく固定していますが、ステープルと呼ばれているもので、これもステンレス製のものをエアタッカーと呼ばれる特殊な工具で打ち付けています。

エアタッカーとステンレス製ステープル.JPG
簡単なものだとステープルも鉄製でいいように思うんですが、一度錆びてしまうと全く役目を果たしていません。
これは野犬に襲われた際に金網を張り替えている状況です。

タッカー針の比較.jpg

さらに押さえ部材にてステープルごと金網を固定しています。

金網の押さえ.jpg

 

いかがでしょうか。
これが鶏を襲いにやってくる獣への対策、第一弾です。
実験を繰り返した結果、これなら安心できると判断したわけなんですが、あくまでも夜間、鶏は巣箱の中でスロープが閉じていることが条件です。キツネなどの外敵は鶏が見えていると予想以上の力でチキントラクターを襲います。



防獣に関して、これが第一弾と書きましたが、もう一つの重要なポイントがあります。
もうご存知の方もいらっしゃると思うんですが、それが接地面の溶接金網、ワイヤーメッシュです。

 


ワイヤーメッシュ.JPG

鶏にとっては砂浴びができないというデメリットがあるのですが、観察していると決して邪魔ではないようです。
草や虫を食べる上では支障がない。そしてもう一つ、地面を掘り込むことなく平らにきれいにしてくれるというメリットがあります。

とにかくキツネなどが穴を掘っても内側に入り込むのを防ぐのです。

キツネの穴.JPG

 

 

さて、今日は長文になりましたが、一番大事にしている『鶏を守る』こだわりをご紹介いたしました。

 

改良に改良を加え、進化し、ヒトにもニワトリにもいいもの。
最上級モデル、ACQ-002はさらにアイデア満載ですよ。。。

 ↓ ↓ ↓

201651421258.pdf

ストレスがあるか、ないか。

大げさなことではないんですが、弊社はチキントラクターの開発のためにいろんな実験を繰り返しています。それと同時に12羽の成鶏を飼養しているわけなんです。

オスが2羽、メスが10羽いるんですが、連日いい卵を産んでくれています。

 

採卵ケース.JPG


いずれは100%オーガニックと言える飼料を用意したいと考えていますが、冬の間は青米を中心に与えてきました。
今現在はお客様の立ち位置に立って、草やそこにいる虫以外は、比較的入手しやすい配合飼料などで補っています。



これは試作第1号のチキントラクターの産卵スペースです。
 

産卵室.JPG

チキントラクターをより良いものにするために、どこかにストレスがあるとNG。
そこにいるヒトと鶏だけではなく、設置される環境、鶏舎。すべてにストレスとなっては良いものとは言えないと思っています。

 

テスト場.JPG
試作第1号(ACQ-001)から、現行ACQモデル(ACQ-002)への改良は見た目だけでなく、まず移動していただけるとすぐにわかる重量というものが大きいです。
詳細については、公表は控えているのですが、木で作る特製を最大限に活かす工夫が満載になりました。
多少ひねった地形でもなるべくフィットして設置できるという面白いネタもあるんですよ。w
 

こういう取り組みが、鶏に良い飼養環境につながり、卵の品質や安全性につながるんじゃないかと考えているんです。


 

内容充実! ACQモデル納入。

皆さん、こんにちは! オニロクこと藤田です!

そういえば、工房鬼六という屋号について尋ねられることが多いので、少し触れさせていただきます。
鬼六と聞いてアレかな?とピンときた方はここ4、5年で3名おられたんですが、日本昔話に登場する鬼の名前なんです。
『大工と鬼六』というお話を検索していただけると良いかと思うんですが、ほとんど大工と鬼だけの問答で進んでいくそのお話に、個人的に思うことがあって鬼六の名をいただいたということです。
個人的に思うもの。ご興味がある方にはお伝えしますのでご連絡ください。


さてさて、

昨日は当方と同じ長野県内の富士見町というところに納入に行ってきました。
向かうは自然と鳥をこよなく愛されるH様宅の敷地内。納めるのは特注サイズのACQモデルです。

軽トラの荷台の幅に合わせたサイズで、一人の力で移動できる最大クラスといえるものですね。

長野県内ローカルでありますが、先日、夕方のニュース番組の特集で取り上げていただいた際に、映っていたのもこのチキントラクターです。
H様ほか、お客様のご好意に感謝です。


abnステーション.jpg

内容を充実させ、扱いやすく楽しんでいただけるACQ-002をワイドボディにした完成形。
ちょっと大げさな輸送になりますが、このトレーラーの出動です。



ACQ-Wide輸送中.JPG

少々の傾斜地でもバックで入れたり、人手さえあれば代車としても使える便利なものなんですよ。

ところが、H様のお宅に着くと難関が、、、。
鶏の神様のお告げでもあったかの様に、たまたま連れて行った力強いスタッフが大活躍で無事に上がりました・・・⁉︎

ほら、あそこに。笑

林様宅玄関より.JPG

階段の下の方の両脇にアイアンの門柱門扉が取り付けられていたんですが、H様の手で潔く撤去されるところから始まりました、、、。


移動しやすいようにかなり軽量化は測ってきたものの、持ち上げて運ぶとは、、、。笑
なんとか4人でかつぎ込みで運び終わって、ひと安心。。。(^^;;


林様2.JPG


ということで無事、納入できました!

それにしてもいいお庭!
ここなら鶏たちも楽園ですね。
 

林様3.JPG
 

H様、有難うございました!
鳥が大好きなHさんも私と同じく関西からの移住組。w
今後も良いお付合いができそうです。。。






 

高耐久型ミニCTのキット

「キットで作れませんか?」というお問い合わせをいただくことがあります。

工場に発注、生産しているものではありませんので、そのあたりの対応はむしろ得意とするところなんです。

どんな道具をお持ちで、どの程度、作ることができるかなど、軽くお打ち合わせさせていただいて、しっかりお楽しみいただけるように工夫をしています。

キット化する上で、やはりきになるのは、やはり外敵から鶏を守ってあげる強度の部分ですね。
初めての方にとって意外に思われる方もおられると思いますが、金網も材質や引っ張り具合いによって動物に破られてしまいます。
経験者の方はご存知だと思いますが、ご自身で作られたチキントラクターがキツネの襲撃を受けると、それはそれは無残で修繕する気力もなくなってしまいます。(獣に対する強度の実証実験によって幾度か経験しております。)


今回、お作りしたのは小型サイズのLCモデルをACQ注入材でキット化したものになりますが、キットで購入をお考えの方は以下を参考になさってください。

 



運動スペース(ケージ)はフレームと扉、すべてにステンレス製の金網を張り、パネルの状態にしました。
LC-ACQキット①.JPG


それに巣箱・産卵スペースをのせると、ちょっと感動(?)出来上がってゆく感じが楽しくなるはずです。
巣箱・産卵スペースは完成の状態でお届けします。(EGG BOXのステンシルはオプションとなります。)
LC-ACQキット②.jpg別の角度から。
LC-ACQキット③.jpg
運動スペースの部分の上部にさわら板、接地面の溶接金網を取り付けます。
LC-ACQキット④.JPG

ビスなど金物はそれぞれどこのものかを明記。キットのビス.JPG

梱包した状態。2個口です。

LC-ACQキット⑤.JPG

すごくシンプルに分かりやすく描いた説明書も同梱しています。
LC-ACQキット⑥.JPG

これでキット、楽しめる⁉︎ 
あ。いや、きっと楽しんでいただけるでしょう! ( ^ω^ )




 

自作は失敗する? 

春が近づいておりますが、おかげさまで全国各地の皆さんからたくさんお問い合わせを頂戴しております。

 

ご自分で鶏舎やチキントラクターをお作りになったのに外敵によってやられて以来、諦めていたという方からのご用命も少なくありません。

弊社のチキントラクターがどんなふうに作りになっているのか、再チャレンジに向けて参考にしたいとのことでホームページに掲載中の写真などをご覧になってるとのこと。

弊社のチキントラクターについて、細部は機密事項ということになりご質問にはお答えできかねます。
なんてことは申しません。シッパイハセイコウノモト! 協力いたしますよ。。。笑

ただ、弊社で作っているチキントラクターの外から見えない部分は特殊なエアー工具で固定していたりしてるので、日曜大工では難しいと言うことになります。

 

ご自分でお作りになる場合、農林水産省発表の飼養安全基準(マニュアル)など防疫の情報や対策は必須ですね。

 ➡︎ http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/eisei/e_koutei/kaisei_kadenhou/pdf/tori_pam.pdf

 

 

それ以外の部分はとにかく鶏が快適に過ごせることを考えながら工夫されるといいと思います。

案外知られていませんが鶏も鳥ですから、とまり木の上が好きです。落ち着くんでしょうね。

住宅と同じで夏の風通し、冬は寒くならない工夫をされると良いでしょう。

 

弊社のチキントラクターは、キットとしてご用意できるタイプもご用意できますので、場合によってはそちらも検討してみてください。

ぜひ、チキンライフを楽しみましょう~♬






とまり木.JPG

 

 

 

 

 

ページ上部へ