ホーム>大自然のニワトリブログ

大自然のニワトリブログ

オニロクのこだわり 〜其の壱〜

こんにちは! 工房鬼六の藤田です!
信州伊那谷も日中の気温はぐんぐん上がってきました。暑いです!
今日もすっかり初夏という雰囲気です。
これが夕方になると急に気温が下がり、肌寒くなるのが厄介なんですけどね。


さてさて、今回から不定期ではあるのですが、チキントラクターを作る上でこだわっている部分を少しずつご紹介させていただきたいと思います。DIYでチャレンジされる方は参考にしていただいてもかまいませんし、ご相談もお受けしています。


まず今日のお題は
FENCE OF DEFENSE ‼︎ 

というわけでロックバンドではなく、かわいい鶏たちを『守る』こだわりから始めたいと思います。

 


201651583338.JPG

まず、周囲に張っている網ですが、亀甲金網と呼ばれる写真のようなものを使っています。
材質や編んでいる針金の太さ(線径)、網目の大きさ(目合い)などによってその種類はたくさんあります。
その中で標準仕様としているのは、ステンレス製で、線径が0.57mm、目合いは16mmというものです。

ステンレスは錆びにくいだけでなく、粘りけのある性質で、引きちぎろうとしてもなかなか難しいです。
これが鉄製で亜鉛めっきのものになると、まず線径が太くなります。これは強度をもたせるためだと思いますが、キツネが子育てをしているような最も獰猛な時期は見事に切り裂いてしまうことを覚えておいてください。
冗談ではなく、弊社の実証実験でも得られた結果であります。

16mm目合いというサイズは、以前にもお伝えしましたが、農林水産省の飼養衛生管理基準に20mm以下が望ましいと謳われている『防疫対策』で選んだものになります。

そして、肝心なのがそれをどのように固定するか。
完成品では見えない部分を次の写真でご覧ください。(クリックすると拡大されます。)


金網タッカー留め.jpg

なにやらホッチキスの針のようなもので細かく固定していますが、ステープルと呼ばれているもので、これもステンレス製のものをエアタッカーと呼ばれる特殊な工具で打ち付けています。

エアタッカーとステンレス製ステープル.JPG
簡単なものだとステープルも鉄製でいいように思うんですが、一度錆びてしまうと全く役目を果たしていません。
これは野犬に襲われた際に金網を張り替えている状況です。

タッカー針の比較.jpg

さらに押さえ部材にてステープルごと金網を固定しています。

金網の押さえ.jpg

 

いかがでしょうか。
これが鶏を襲いにやってくる獣への対策、第一弾です。
実験を繰り返した結果、これなら安心できると判断したわけなんですが、あくまでも夜間、鶏は巣箱の中でスロープが閉じていることが条件です。キツネなどの外敵は鶏が見えていると予想以上の力でチキントラクターを襲います。



防獣に関して、これが第一弾と書きましたが、もう一つの重要なポイントがあります。
もうご存知の方もいらっしゃると思うんですが、それが接地面の溶接金網、ワイヤーメッシュです。

 


ワイヤーメッシュ.JPG

鶏にとっては砂浴びができないというデメリットがあるのですが、観察していると決して邪魔ではないようです。
草や虫を食べる上では支障がない。そしてもう一つ、地面を掘り込むことなく平らにきれいにしてくれるというメリットがあります。

とにかくキツネなどが穴を掘っても内側に入り込むのを防ぐのです。

キツネの穴.JPG

 

 

さて、今日は長文になりましたが、一番大事にしている『鶏を守る』こだわりをご紹介いたしました。

 

改良に改良を加え、進化し、ヒトにもニワトリにもいいもの。
最上級モデル、ACQ-002はさらにアイデア満載ですよ。。。

 ↓ ↓ ↓

201651421258.pdf

林檎の楽園へ

弊社がチキントラクターを始めるきっかけとなった白鳥農園さん。
本来、あるべき姿に一番大切なものがある。そういうことは忘れ去られてしまう世の中で、白鳥さんの果樹園は貴重だと思っています。

白鳥農園は特別栽培と完全無農薬のエリアがあって、そこに行くと鶏たちは特別な行動をとるんです。
やはりストレスのない生態系が保たれていて『楽園』という言葉がベストマッチ。


心地よいのはひよこも同じ。
ぐっすりお昼寝です。。。


ひよこ爆睡♬.JPG

大人の鶏たちもここでは自由。
 

 

ピーちゃん、白鳥りんご園にて.JPG

 

 

中央アルプス最北端に属する経ヶ岳の麓。

ここで育った白鳥りんごのシードルが発売されました。

 


白鳥農園のシードル.jpg

 

すっきりドライで白鳥さんのりんごの味を知っている方はそのままの風味が味わえます。
本来あるべき林檎の風味をぜひお試しください。

ご購入はこちらからどうぞ。

信州伊那谷 西村酒店








 

 

ストレスがあるか、ないか。

大げさなことではないんですが、弊社はチキントラクターの開発のためにいろんな実験を繰り返しています。それと同時に12羽の成鶏を飼養しているわけなんです。

オスが2羽、メスが10羽いるんですが、連日いい卵を産んでくれています。

 

採卵ケース.JPG


いずれは100%オーガニックと言える飼料を用意したいと考えていますが、冬の間は青米を中心に与えてきました。
今現在はお客様の立ち位置に立って、草やそこにいる虫以外は、比較的入手しやすい配合飼料などで補っています。



これは試作第1号のチキントラクターの産卵スペースです。
 

産卵室.JPG

チキントラクターをより良いものにするために、どこかにストレスがあるとNG。
そこにいるヒトと鶏だけではなく、設置される環境、鶏舎。すべてにストレスとなっては良いものとは言えないと思っています。

 

テスト場.JPG
試作第1号(ACQ-001)から、現行ACQモデル(ACQ-002)への改良は見た目だけでなく、まず移動していただけるとすぐにわかる重量というものが大きいです。
詳細については、公表は控えているのですが、木で作る特製を最大限に活かす工夫が満載になりました。
多少ひねった地形でもなるべくフィットして設置できるという面白いネタもあるんですよ。w
 

こういう取り組みが、鶏に良い飼養環境につながり、卵の品質や安全性につながるんじゃないかと考えているんです。


 

鶏も手配いたしま〜っす♬

こんにちは。今夜は雨が降って肌寒い夜です。
ひよこの部屋には新入りが加わり、心配だったんですが仲良くおねんねです。笑



もみじとアローカナ。仲良くおねんね、、、.JPG加わったのは、とあるお客様がご要望だった青い卵を産むアローカナの雛。
ほかのひよこ同様、しばらく弊社で育てさせていただきます。


写真だとわかりにくいので、今日も動画で。
愉快なひよこたちの様子をご覧ください。。。



伝えたいこと。

皆さん、まいど、おおきに!
お節介な関西人の血が流れているオニロクこと、藤田でございます!


さてさて、ゴールデンウィーク真っ只中でありますが、いかがお過ごしでしょうか。
私どもは連日、深夜まで仕事が詰まってて休みなし!
ついでに言いますと、ほとんど家に帰っておりません、、、。
もちろんチキントラクター以外の仕事もたくさんやらせていただいており、その合間にブログを書いているわけなんです。w

そして、連休中も毎日のように、全国各地からお問い合わせを頂いております。
女性の方から「私でも動かせますか?」とか、どうせなら特別な鶏を飼ってみたいという男性から「チキントラクターでアローカナを飼いたいんだけど、入手できますか?」などなど。
いただいたお問い合わせには当日中にお応えするようにしております。お気軽にお声がけくださいね。

また、工房脇には形や大きさの異なるチキントラクターがあります。
設置しているのはご注文いただいた完成品や、弊社にて実験や生体の観察を行うための特別仕様品などなど。
直接、ご覧いただける方は素材や大きさ、重さ、そして、草などをついばむ鶏の姿をご覧頂きながら採卵のイメージも掴んで頂けるのではないでしょうか。


採卵室.jpg


鶏たちが健康的にどんなふうに過ごしてるか、いつでも見ることができますよ。


常設展示場.JPG
鶏のいる暮らしは卵や除草だけじゃない、とても豊かなものに変わります。
私ごと、ヤギの飼養歴が8年目に差し掛かろうとしています。家畜と比較して鶏の飼養は気軽に始められます。
もちろん生き物を飼う上で、責任や義務というものが伴いますが、そういった部分でサポートできること、安心して始められる鶏舎の提供が、私どもの特徴ということになります。

まずは心配なこと、不安に感じること、なんでもご相談いただければと思いますので、ホームページのお問い合わせフォームを気軽に使ってくださいね。


先日、長野朝日放送で紹介されたものをYoutubeにアップしました。
スマホで撮ったものなのでひよこがぴよぴよ、賑やかですが、、、。




一か所だけ訂正があるのですが、「夜間、キツネなどの天敵に襲われないように鶏を巣箱に入れる。」とのナレーション。
正しくは「夕方になると鶏が自分で巣箱に入る。」となります。
もちろんそれぞれ性格も違いますので、すべての鶏というわけではありません。念のため、、、。


およそ5分の番組ではおさまらないぐらいたくさんのメッセージがあるのですが、より多くの方に興味をもっていただけると嬉しいです。





 

二十歳の主張!

こんばんは。45歳、オニロクです! 笑

さて、今朝の信濃毎日新聞の朝刊に弊社スタッフが掲載されましたので、早速、こちらでも紹介させていただこうと思います。(念のため名前を編集させていただきました。)




信濃毎日ほたる.jpg

 

考えてみると彼女がウチに来たのはチキントラクターの製造販売を始めた直後のこと。
我が愚息の通う農業高校の先輩で酪農女子のMちゃんが同じく高校の先輩として一緒に工房にやってきたのが最初。
つまり「農」のつながりで、同じニオイのする工房鬼六にやってきたというわけですね。笑

その後、ハタチになった若者の目に、草をついばむ鶏の姿は新鮮に映った様子で、以来、スタッフとして活躍してくれています。
本業である建築現場でもひまわりのような笑顔でたちまち人気者になる。どことなく鶏と重なり合うのはなんでだろう。。。笑
 


小さいひよこJPG

二十歳。1995年生まれ。ゆとり教育にどっぷりハマった「ゆとり世代」ということになります。
この「ゆとり世代」という差別的な言葉を私個人はいかがなものかと思ってます。
「ゆとりゆとり」と呼ばれて、彼らのストレスになってはいないでしょうか。
わからない部分もあるけれど、わたくし、45歳のおっさんの周囲には愉快で活気のある若者が多く、私たちが若い頃と比べて能力のある若者が増えているのではないかと、思うんですよ。。。

じつは、ここ数台のチキントラクター製造において、外敵に対する要である金網の施工を若いほたるちゃんが担当しているといえば驚かれるのではないでしょうか。

もちろん、弊社工房鬼六が独自のチキントラクターを販売させていただくにあたって、その仕様や各部の品質というものに社内基準を設けておりましてね。つまり手作業での金網の張り具合いは工作ロボットか、もしくはプロでない限り難しいものがあると思っています。

それを任せられるということを私自身が驚いてるんですが、ほたるちゃんの鶏に対する愛情なのか、彼女の張った金網は本当に美しく適確で安心できるものです。

面白いアイデアと女性らしいデザインのチキントラクターが生みだされる日もそう遠くないかもしれません。
ぜひ、今後のほたるちゃんに注目していただきたいと思います。

ほたるちゃん、頑張れよ〜!!


 

内容充実! ACQモデル納入。

皆さん、こんにちは! オニロクこと藤田です!

そういえば、工房鬼六という屋号について尋ねられることが多いので、少し触れさせていただきます。
鬼六と聞いてアレかな?とピンときた方はここ4、5年で3名おられたんですが、日本昔話に登場する鬼の名前なんです。
『大工と鬼六』というお話を検索していただけると良いかと思うんですが、ほとんど大工と鬼だけの問答で進んでいくそのお話に、個人的に思うことがあって鬼六の名をいただいたということです。
個人的に思うもの。ご興味がある方にはお伝えしますのでご連絡ください。


さてさて、

昨日は当方と同じ長野県内の富士見町というところに納入に行ってきました。
向かうは自然と鳥をこよなく愛されるH様宅の敷地内。納めるのは特注サイズのACQモデルです。

軽トラの荷台の幅に合わせたサイズで、一人の力で移動できる最大クラスといえるものですね。

長野県内ローカルでありますが、先日、夕方のニュース番組の特集で取り上げていただいた際に、映っていたのもこのチキントラクターです。
H様ほか、お客様のご好意に感謝です。


abnステーション.jpg

内容を充実させ、扱いやすく楽しんでいただけるACQ-002をワイドボディにした完成形。
ちょっと大げさな輸送になりますが、このトレーラーの出動です。



ACQ-Wide輸送中.JPG

少々の傾斜地でもバックで入れたり、人手さえあれば代車としても使える便利なものなんですよ。

ところが、H様のお宅に着くと難関が、、、。
鶏の神様のお告げでもあったかの様に、たまたま連れて行った力強いスタッフが大活躍で無事に上がりました・・・⁉︎

ほら、あそこに。笑

林様宅玄関より.JPG

階段の下の方の両脇にアイアンの門柱門扉が取り付けられていたんですが、H様の手で潔く撤去されるところから始まりました、、、。


移動しやすいようにかなり軽量化は測ってきたものの、持ち上げて運ぶとは、、、。笑
なんとか4人でかつぎ込みで運び終わって、ひと安心。。。(^^;;


林様2.JPG


ということで無事、納入できました!

それにしてもいいお庭!
ここなら鶏たちも楽園ですね。
 

林様3.JPG
 

H様、有難うございました!
鳥が大好きなHさんも私と同じく関西からの移住組。w
今後も良いお付合いができそうです。。。






 

初生雛

こんにちは!ほたるです

もみじの初生雛が入荷しました!
チキントラクターをご購入いただいた仙台市のS様のためにしばらくの間、責任をもって育てます(^ ^)!

 

なかよし.jpg



もう数回産まれたてのひよこを見ていますが、生後2日目の雛雛が自ら立ち、餌を食べ始めていることに凄いなと感じています。
鶏にとっては当たり前のことかもしれませんが人間には出来ないですね。

鶏は短い寿命の中で卵を産んでくれ肉としても利用される。人間に最後までいいものを与えてくれますね…
卵や肉を食べられることは、養鶏農家さんや屠畜所でお肉にして下さる人がいるから食べられるわけですし、感謝しなければいけないなと思います。

このひよこ達が大きく元気に育ってくれて大勢の笑顔がうまれたらとても嬉しいです!

 

 











 

花の季節に

こんにちは、工房鬼六の藤田です。

先日、熊本を中心とした九州地方で起きた震災につきまして、お亡くなりになった方のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

自然災害を目の当たりにされ、恐怖感に包まれながら不安な時間を過ごされていると思うと、その気苦労が一刻も早く取り除かれることを切に願うばかりです。


さて、その地震の翌日、長野朝日放送の取材がありました。
長野県内になりますが、夕方のニュースの特集で紹介していただけるそうです。



abn取材.JPG

取材はオーガニックの白鳥農園。ソルダム(すもも)の畑でお願いしました。すももの花が咲く心地よい場所です。


花の季節。地震大国、日本。
その将来が、平和であるよう願うばかりです。


 

 

鶏のうた声

朝から人気者のぴーちゃんです。。。

ぴーちゃんと子供たち.JPG

皆さん、こんにちは! 頭ん中まで春爛漫、オニロクこと藤田でございます。

今日は動画をひとつご覧いただきたいなぁと思います。
草のある場所に移動した直後。穀物ベースの配合飼料には見向きもしないで草や土をついばんでいる鶏たちの様子です。
画面右のスロープの先のほうが移動前の場所なんですが、草がなくなってふかふかになってるのがわかります。





 



美味しいはずの配合飼料に目もくれず、、、。鶏が求めているのが草や土だということがよくわかります。
もっと草があるといいんですけどね。

動画の後半はまるでクラリネットを奏でているような声。
これが幸せを歌う鶏の声なんですね。


ほんとに癒されますよね。




 
ページ上部へ