ホーム>大自然のニワトリブログ>農Chicken, 農LIFE

農Chicken, 農LIFE

『チキントラクター導入読本』できあがりました!

カタログ表紙.jpg

 

にわとりのいる暮らしの素晴らしさを伝えたい。そんな思いでできあがった小冊子(カタログ)です。


ご興味のある方、皆様にお届けさせていただきます。
お問い合わせフォームよりお気軽にご一報いただければと思います。


「鶏と共生する究極のエコ」の普及活動に賛同頂き、たくさんの皆様にご支援いただいたクラウドファンディング。ここで活用させて頂くことになります。
ご支援いただきました皆様には、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
本当に有難うございました。

 

 

里庭にあるもの

天に星、地に花、人に愛。
なんでしょう。心を落ち着かせ優しい気持ちにさせる。鶏にはそんな力があります・・・。



 

納入に伺うといろんなことを感じます。
その方の生き方というと極端かもしれませんが、皆さん、心のよりどころがどこかにあって、それぞれ何かを築き上げられている。
すごいなぁー、素晴らしいなぁー、その方にうちのチキントラクターを使っていただけるなんて、本当に有難いなぁ。。。と、思うばかりです。


美宅様1.JPG


 

梅雨の中休み、つかの間。空と緑が輝く瞬間。心地よい風が流れる中央アルプスの麓...。

先日、納入させていただいたM様の庭です。
 

美宅様2.JPG

素敵でしょ? まさに自然の循環の中にM様ご一家の織り成す暮らしがそこにありました。
お庭の方は奥様が手をかけられているそうなんですが、不自然なものは何もない里庭ガーデニングの美しさに、しばしうっとりさせられました。

 

美宅様3.JPG

 

うちで育てた2羽のコッコちゃん。
M様はご夫婦で工房にお越しいただいたんですが、お住まいに伺わせていただいて本当に鶏も幸せそう。いいないいな〜 (*^^*)



M様、ありがとうございました。今後ともよろしくお付き合いくださいね。


 

初生雛、入荷情報〜♬

こんにちは!
今日は初生雛の入荷情報です!

初生雛や中雛から始めてみたいとお考えの方は、お早めにご予約のご連絡をお願い致します!!

ここ6月後半から7月にかけて、オランダ原産の黒鶏、ネラの初生雛が入ります!
深いコクと自然の甘みがある卵を産んでくれる品種です。




ネラ.JPG

 

 

初生雛はもちろん、中雛や成鶏の段階まで弊社のほうでお預かりし、好環境のもとで育てることもできます。
価格はそれぞれの段階によって変わってきます。
羽数はそれほど多くありませんので、早いもの勝ちですよ〜♬


弊社ホームページやYoutubeの動画でおなじみのもみじの初生雛も入ってきます。
お気軽にご連絡くださいね。

 

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ。。。

伝えたいこと。

皆さん、まいど、おおきに!
お節介な関西人の血が流れているオニロクこと、藤田でございます!


さてさて、ゴールデンウィーク真っ只中でありますが、いかがお過ごしでしょうか。
私どもは連日、深夜まで仕事が詰まってて休みなし!
ついでに言いますと、ほとんど家に帰っておりません、、、。
もちろんチキントラクター以外の仕事もたくさんやらせていただいており、その合間にブログを書いているわけなんです。w

そして、連休中も毎日のように、全国各地からお問い合わせを頂いております。
女性の方から「私でも動かせますか?」とか、どうせなら特別な鶏を飼ってみたいという男性から「チキントラクターでアローカナを飼いたいんだけど、入手できますか?」などなど。
いただいたお問い合わせには当日中にお応えするようにしております。お気軽にお声がけくださいね。

また、工房脇には形や大きさの異なるチキントラクターがあります。
設置しているのはご注文いただいた完成品や、弊社にて実験や生体の観察を行うための特別仕様品などなど。
直接、ご覧いただける方は素材や大きさ、重さ、そして、草などをついばむ鶏の姿をご覧頂きながら採卵のイメージも掴んで頂けるのではないでしょうか。


採卵室.jpg


鶏たちが健康的にどんなふうに過ごしてるか、いつでも見ることができますよ。


常設展示場.JPG
鶏のいる暮らしは卵や除草だけじゃない、とても豊かなものに変わります。
私ごと、ヤギの飼養歴が8年目に差し掛かろうとしています。家畜と比較して鶏の飼養は気軽に始められます。
もちろん生き物を飼う上で、責任や義務というものが伴いますが、そういった部分でサポートできること、安心して始められる鶏舎の提供が、私どもの特徴ということになります。

まずは心配なこと、不安に感じること、なんでもご相談いただければと思いますので、ホームページのお問い合わせフォームを気軽に使ってくださいね。


先日、長野朝日放送で紹介されたものをYoutubeにアップしました。
スマホで撮ったものなのでひよこがぴよぴよ、賑やかですが、、、。




一か所だけ訂正があるのですが、「夜間、キツネなどの天敵に襲われないように鶏を巣箱に入れる。」とのナレーション。
正しくは「夕方になると鶏が自分で巣箱に入る。」となります。
もちろんそれぞれ性格も違いますので、すべての鶏というわけではありません。念のため、、、。


およそ5分の番組ではおさまらないぐらいたくさんのメッセージがあるのですが、より多くの方に興味をもっていただけると嬉しいです。





 

内容充実! ACQモデル納入。

皆さん、こんにちは! オニロクこと藤田です!

そういえば、工房鬼六という屋号について尋ねられることが多いので、少し触れさせていただきます。
鬼六と聞いてアレかな?とピンときた方はここ4、5年で3名おられたんですが、日本昔話に登場する鬼の名前なんです。
『大工と鬼六』というお話を検索していただけると良いかと思うんですが、ほとんど大工と鬼だけの問答で進んでいくそのお話に、個人的に思うことがあって鬼六の名をいただいたということです。
個人的に思うもの。ご興味がある方にはお伝えしますのでご連絡ください。


さてさて、

昨日は当方と同じ長野県内の富士見町というところに納入に行ってきました。
向かうは自然と鳥をこよなく愛されるH様宅の敷地内。納めるのは特注サイズのACQモデルです。

軽トラの荷台の幅に合わせたサイズで、一人の力で移動できる最大クラスといえるものですね。

長野県内ローカルでありますが、先日、夕方のニュース番組の特集で取り上げていただいた際に、映っていたのもこのチキントラクターです。
H様ほか、お客様のご好意に感謝です。


abnステーション.jpg

内容を充実させ、扱いやすく楽しんでいただけるACQ-002をワイドボディにした完成形。
ちょっと大げさな輸送になりますが、このトレーラーの出動です。



ACQ-Wide輸送中.JPG

少々の傾斜地でもバックで入れたり、人手さえあれば代車としても使える便利なものなんですよ。

ところが、H様のお宅に着くと難関が、、、。
鶏の神様のお告げでもあったかの様に、たまたま連れて行った力強いスタッフが大活躍で無事に上がりました・・・⁉︎

ほら、あそこに。笑

林様宅玄関より.JPG

階段の下の方の両脇にアイアンの門柱門扉が取り付けられていたんですが、H様の手で潔く撤去されるところから始まりました、、、。


移動しやすいようにかなり軽量化は測ってきたものの、持ち上げて運ぶとは、、、。笑
なんとか4人でかつぎ込みで運び終わって、ひと安心。。。(^^;;


林様2.JPG


ということで無事、納入できました!

それにしてもいいお庭!
ここなら鶏たちも楽園ですね。
 

林様3.JPG
 

H様、有難うございました!
鳥が大好きなHさんも私と同じく関西からの移住組。w
今後も良いお付合いができそうです。。。






 

豊かなもの

昨日は信州伊那谷もすごい嵐でした。
春の嵐というには台風のような強い雨風でしたね。
桜の花びらもかなり落ちてしまったんでしょうか。

 

さて本日はというと昨日と打って変わって春の陽気です。

4月といえば五穀豊穣、無病息災、学業成就。様々な願いのもとに新年度のスタートを切った方が多いのではないでしょうか。
すべての願いは日常の暮らしの中で自然とどう関わっていくのかが鍵を握っているのではないかとつくづく思うんです。

どんな夢もプロジェクトも、成功させるにはまずは健康第一! 達成することはできませんよね。
そのエネルギーをどう摂るのか。つまり安全な食を安心して摂ることが最低限、日々の目標であるべきだと感じるのです。

今の世の中、どうなんでしょうか。
一生懸命働く目的はどんなものでしょうか。

日々、ストレスというものがあって当たり前という考え方もありますが、何か安心とか安全とかそういうものとはまったく違うところへ全て向かっている気がしてならないのです。
新年度、多くの方たちが新たな気持ちで、大きな帆を張って出発されたことでしょう。皆さんが心豊かに夢に向かわれることを願っています。

「わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい。」なんて昔のコマーシャルがありましたけど、子供たちや若者は、少々やんちゃでもいいから健やかに伸びやかであってほしいものですよね。



チキントラクターの鶏が産んでくれた卵でフレンチトーストを作ってみました。


フレンチトースト.JPG


美味いんだなぁ、これが。(^∇^)
エネルギーをもらって頑張ります!!

えー、私自身が作りました。念のため。。。

お手伝いします。

金物などを用いて連結して使うAC-Cubes のパターンで、フレームだけの状態のものを三つ、作って欲しい。
雨のかからない場所に設置するので、“ふつうの木材”で作ってもらえばいい。…とのご注文は市内のKさんから。


K様(枠のみ).JPG

 

接地面のサイズは三尺角。つまり91cm四方です。
高さはK様より指定の四尺。つまり1m35cmです。

このサイズがなかなか魅力的です!

フレームが木材であれば、日曜大工が得意なお父さんにとってはアソベますなぁ。。。
この三尺という寸法がホームセンターで販売されてる合板などの建材や網にちょうどいいわけです。
できる方だと可愛がっておられれる鶏のためにご自分で工夫をされると楽しみ倍増ですよね。

また時間ができたら見学に伺おうと思います。



これが日本が誇るスーパーカー、軽トラでお引き取りに来られた際の写真です。笑


 

K様(枠).jpg

 

高さが2台の幅にちょうどいいので、自宅から少し離れた圃場へも一人で積み下ろしができ、移動もラクラク。
なかなかいいのではないでしょうか。
 

 

命をいただく

こんにちは!ほたるです

 

生後6ヶ月のもみじ。大きく成長しました。

メスは卵を産んでくれて、オスはたくましい姿に変わりました。

 

 
もみじオスのサムネイル画像
 
 
 
このオス2羽。鹿料理人さんにしめていただくことになったんです。
 
長い間世話をし面倒を見てきたので少し寂しい気持ちもありましたが、肉にしてあげることも人間は理解しなければいけないと思っています。
最後まで見届けましたが悲しい可哀想といった気持ちはなく、有難いと感じました。…有難いと感じるべきかなと思います。
食べていかなければ生きることの出来ない人間はあらゆる動物の命を頂いて生きていると考えさせられました。
 
絞めて頂いたニワトリは2、3日熟成してから頂きます。
 
本当に可愛かったニワトリに感謝です。ありがとう!

 
 
屠殺.jpg






《工房主よりひと言》

私たちは日常生活の中で、いったいどのぐらいの命から支えられているんでしょう。スーパーに行くと美しくパック詰めされた鶏肉が部位ごとに売られていますが、当然ながらそれは、つい最近まで生きていた鶏です。

一人あたりの鶏肉の年間消費量で見ると、全国平均で30Kgというデータがありますので、私たちはすごくたくさんの鶏肉を食べているわけですね。
1羽のブロイラー(食肉専用・大量飼育用の雑種鶏の総称)から平均1.1Kgの肉が利用されており、一人あたり30羽近くの鶏を食べているということになります。

鶏肉に限らず野菜や穀物も含めて、私たちは多くの命によってエネルギーを頂戴していることを忘れてはいけないと思いますし、子供たちにそれを伝えていくべきだと思います。

今回、肉として利用することになったオスの鶏は、紛れもなく工房でひよこから育ててきた鶏です。
大きな声、なんとも憎めない姿。そんなものを思い出しながら、感謝の気持ちで美味しく頂きたいと思います。



 
 

初産み卵

産み始めました〜☆



初産み卵.jpg

そう言えば千葉のS様の所と同じタイミングで孵卵したコッコちゃん。(わかりやすい名前はわたくしが命名。)

昨秋、チキントラクターとひよこをお届けした千葉のS様から嬉しそうに「卵を産み始めたよ〜!」とご連絡をいただいたのは、もう2月の中頃です。
7羽、同じタイミングで卵から孵ったメスの鶏が工房にいるんですが、やはり気候の差なんでしょうか。標高900mの信州伊那谷で、ようやく産み始めたわけです。


産み始めの2週間の卵を『初産み卵』と呼ばれているのをご存知でしょうか。
その中でも一番最初に産んだ卵は特に栄養が凝縮されているそうで、昔はおばあさんの滋養や、出産を控えた女性が優先的に食べていたそうです。



さてさて、次はそれより一ヶ月、早く生まれたピーちゃんです。(こちらのわかりやすい名前はお客さんのお子さんが命名。)


もみじ(雌・半年).JPG


近所の方もちょくちょく遊びに来てくれるのですっかりヒトには慣れています。
もちろん毎日、お世話してるヒトはよく覚えてくれてますよ。。。

最近、あまりにもオスに襲われるので、1羽だけでこちらに…。



2016328131336.JPG




 

おすすめ。


香取市M様.jpg
昨年11月に納入させていただいた千葉県香取市のM様のACQ-002です。
屋根に塗装を施して農園のアクセントにもなりそうなチキントラクター。

 

 

 

そういえば、私ごとですが出先で初めての飲食店に入った時、接客の店員さんに「おすすめはなんですか?」と聞くことが多いんです。
即答で自分なりの意見をあれこれ聞かせてくれるようなお店は、当たりくじを引いたようにどれもこれも美味い!って感じることが多いですね。

先日、入ったとある中華料理屋でも調理見習いのお兄ちゃんが面白おかしく、こういう時はコレ、お酒を飲むならコレ。そして、自分が一番食べて欲しいのはコレ!なんて具合いに非常にわかりやすく教えてくれました。
想像をはるか超える野菜の量とその味に驚かされたんですよね。
食べながら壁に貼られたキャンペーンメニューのポスターの下のほうにこんなのを見つけました。


牧草たまご!.jpg“牧草たまご”にビビビッて感じ。笑
なんていい言葉なんだろう。。。

そして、やっぱり食材をちゃんと選んでしっかり調理している素晴らしいお店だなぁと嬉しくなったのです。

 

 

 

あ、すいません、、、。なんで、そんな話をするかって?

「おすすめはどれ?」って聞いてもらえますかね?
 

即答でお答えします。


「ACQ-002です!」

 



LC、MCモデルを購入された方は、「いつかはクラウン。」的に、いつかは所有していただきたいのがACQ-002、その他ACQモデルであります。
もちろん現在のところ、弊社製造チキントラクターのハイエンドモデルでありますが、鶏にとって、まさにスーパーサルーンと呼べる環境です。

自動給餌・自動給水も標準装備。お届けにあがったその日から不安なくスタートできますよ。

ご紹介の資料も用意させていただきましたので、ぜひご覧になってください。





ACQ-002のご紹介.jpg



ダウンロードはこちらです。
2016320165631.pdf

ページ上部へ