ホーム>大自然のニワトリブログ>おにろく

おにろく

オニロクのこだわり 〜其の参〜

さて、私どもが作るチキントラクターを作る上でどうしても他に譲れないこだわりがございます。
これを不定期でご紹介しておりますが、今回は第3回目ですね。よろしければ最後まで読んでいただけると嬉しいです!


3つ目のこだわり。つまりそれは、
“森林(やま)の恩恵で生み出す。 

 

弊社、工房鬼六が作るチキントラクターは、さわら・杉・赤松など数種類の木材で作っていますが、すべて日本の山で育った木です。
LCMC両モデルについては、厚さ12mmの針葉樹構造用合板を使っています。主に建築現場で使われる針葉樹を加工して作られた合板になりますが、この合板の素材も国産のカラマツなんですよ。

輸入材を使った方が安くできそうなのになぜ?...というお声を頂戴したこともありますが、コストなんてものは大して変わりません。
輸入材が劣悪で国産材が優れているというわけでもなく、とにかく日本で使うものですから、日本の気候風土で育った木で作るということにこだわりたいのです。それは、前回のACQ(防腐処理剤)の注入と合わせ、長期にわたって使えるものを作るということにつながりますが、もうひとつ、理由があるんです。

人工林(植林された森林)の問題を抱えている日本の森林(やま)を少しでも活かす方向へ運びたいのです。

 

自然林(自然のままの森林)が持つ力は次のようなものです。

これらは残念ながら人工林と比べてはるかに優れていると言われています。
・生物同士が支え合って生きていけるという根幹にあるもの。
・様々な樹木の落ち葉や枯葉、生物の糞や死骸などによってつくられる豊かな土壌。
・その土壌と樹木の根がによって生まれる保水力。
・二酸化炭素を吸収して酸素を放出、大気中の汚染物質を吸収する浄化作用。

 

 

伊那の森林.jpg

 

里山だけでなく市街地にまで熊が現れたり、大雨が続いて地滑りが起きたり、自然災害と伝えられている本当の原因が、じつはヒトが手を加えたことにあるのではないかと思っています。
私は大工ですから、建築や家具には、気候風土の合った地元の木材を使うようにしてきました。

古より山を大切にし、樹木を育て、活用することで調和がとれ、里山では豊かな作物が実っていた。

真のオーガニックというものは、そういうことなんじゃないのかと。

また、森林(やま)は海を豊かにしていると言われています。
山の樹木から落ちた葉や、森の土壌に含まれる多くのミネラルをはじめとする様々な物質が雨水や地下水に溶け込み、川を流れて海洋に運ばれ、植物性プランクトンを大発生させ、大きな食物連鎖へとつながる。

チキントラクターでは鶏がその地の環境を整えます。
「生態系」と連想するキーワードとして「弱肉強食」なんて言葉が一番に出てくるかもしれません。
確かに食物連鎖というものがあるんでしょうけど、本来は自然のサイクルによって調和がとられ、動物も植物も虫も微生物も「お互い様」で生きていた。つまり生態系とは「共存共栄」から理解すべきではないかと思います。

 

さて、
長い地球の歴史の中で、この100年だけピックアップしてみると、どうでしょう。

 

ヒトは限りある地球の資源を使いたい放題使ってないでしょうか。
あまりにも不自然なものを作ってしまったゆえに地球規模の大問題に発展してゆく原子力発電。

ワクチン、化学調味料、遺伝子組み換え、、、おいおい、人間どもはどこに向かってるんだ!? 日々、鶏を見ていると彼らはずっと先を見据えていてヒトを見て、そうつぶやいてる気がするのです。


 

今日は長文におつきあいいただきありがとうございました。
私ども工房鬼六のチキントラクターは、小さな取り組みかもしれませんが、願いは一つ!
大きな「可能性」に向かい作り続けますよ!!

命をつなごう!

こんにちは、オニロクこと藤田です。
今日は一枚の写真をご覧いただきたいのです。



タカシ.jpg

 

少し加工しましたが、この写真を見て皆さんはどのようなことを感じられたでしょう?

千葉県内にお住いのKさんからお問い合わせを頂戴し、見せていただいたオスのコシャモです。

Kさんが飼養されていた鶏ではなく、道端で出会ったコシャモは「頭の羽が抜け落ちていて最初は鶏だとわからない状態だった」そうです。

Kさんは彼を保護し獣医さんの元へ連れて行ってあげたそうです。
獣医さんも最初のうちは鶏だとわからず何の野鳥だろうかと、、、、。
診察を進める中で「もしかしてニワトリ??」という感じだったそうです。

症状は、疥癬(かいせん)というダニが寄生して起こる病気。薬で治療・・・。


私どもも含めて、おそらく全国のチキントラクターのユーザーや鶏愛好家の皆さんにとって、Kさんにエールを贈りたい気持ちでいっぱいでしょう。
本当にKさんは救いの神ですよね。

Kさんは鳥を飼った経験もなくわからないことばかりで、保護したもののこれからどうしようかといろいろお調べになり、弊社のホームページをご覧いただいたそうです。

私どもとしましても運命的なご縁を感じ、お節介な関西人の血が騒ぎ、全面協力体制です! 笑

いつも通りですが、様々な情報交換をさせていただき、Kさんとコシャモくんの暮らしが豊かなものでありますように願いを込めてお手伝いさせていただく運びです。

私どもは商売とはいえ「命」を思いやるKさんの行動を応援したい気持ちと、それをゴミ扱いし棄てた人がいること。残念で張り裂けるような気持ちもありますが、不思議とその人を責める気持ちはありません。そうせざるをえなかった現実を考えなければなりませんよね。

さてさて、じつはKさんちではすでに名前も付けられているコシャモくん。
そのうちお嫁さんも迎え入れられる彼の理想の環境づくり。。。
しっかりお手伝いさせていただきますよ〜♬



 

 

花の季節に

こんにちは、工房鬼六の藤田です。

先日、熊本を中心とした九州地方で起きた震災につきまして、お亡くなりになった方のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

自然災害を目の当たりにされ、恐怖感に包まれながら不安な時間を過ごされていると思うと、その気苦労が一刻も早く取り除かれることを切に願うばかりです。


さて、その地震の翌日、長野朝日放送の取材がありました。
長野県内になりますが、夕方のニュースの特集で紹介していただけるそうです。



abn取材.JPG

取材はオーガニックの白鳥農園。ソルダム(すもも)の畑でお願いしました。すももの花が咲く心地よい場所です。


花の季節。地震大国、日本。
その将来が、平和であるよう願うばかりです。


 

 

たまご顔?

まいど! 工房鬼六、藤田です!
こんな顔してまっす! 笑



たまごがお.JPG



私ごとですが、来月、中学三年生になる末っ娘がちっちゃかった頃、ゆで卵に描いてくれたものなんですがね。
捨てられない感情と殻をむいて食いたい感情のなんと言いますか、葛藤ってやつですかね。
そういう思い出とともに大切にしてる写真。。。披露させていただきました〜☆



春がやってきたって感じですね。
こちら信州伊那谷。まだまだ朝夕は寒いですが、日中の風がない時間帯はおだやかでぽかぽか陽気です。

Facebookページの投稿もこれからどんどん増えていくと思いますのでそちらでもお楽しみいただけると嬉しいです!





 

ページ上部へ