ホーム>大自然のニワトリブログ>チキントラクター制作>日本の夏。チキントラクターの夏。
チキントラクター制作

日本の夏。チキントラクターの夏。

ちょっと間があいてしまいました、、、。
オニロク、とにかく飛び回っております!

場合によっては、道具と材料を積み込んで、その場で作るということもやっているんですが、今回は茨城県のI様の場合をご紹介させてください。

とにかく何がメリットかと言いますと、お客様の都合に合わせられるということが一番ですね。

わかりやすいところでは“サイズ感”というものがあります。
畑の片隅やお庭にそれを置いた場合のイメージというのがなかなか難しいこともありますよね。



メインのフレームを組んだだけで、ほら。
少しイメージできませんか?

もちろん強度や軽さを求めて作っていることなど、目の当たりにしてご理解いただけると思うんです。

 

飯田さま1.jpg
作り手として、いわゆる“売って終わり”なんてことは全く考えておりませんし、弊社でカタチにしたチキントラクターの使い勝手というものが、お客様の求めるものにマッチするかどうか、直接お意見を伺いながら、お客様の都合に合わせて作ることができます。
まさに暮らしの中にあるオリジナルアイテムに仕上げることができますよね。



それから一番重要な部分。防疫や防獣への対策も完成品だと見えないタネあかしも、そっとお伝えしたりして。w
そんなとこまで考えて作ってるんですねぇ〜なんてお褒めの言葉に調子も上々って感じで。。。笑

 

飯田さま2.jpg

 

それともう一つは、予算に合わせながらもしっかりとしたものにできるということです。

今回は、この状態でお渡しです。

 

飯田さま4.jpg

あれ? 屋根は?? 

はい。屋根を含め仕上げ作業はI様ファミリーによるD.I.Y.で予算に合わせさせていただきました。
重要な部分は出来上がっておりますので、あとは防疫に関するルールをご説明させていただいて、その範囲内でご自由に作っていただきます。I様はあまり手作りで作った経験はないようですが、私と話してる中でわくわくするものが湧き出したようで。。。w

いつものように、
「神経質にやる必要はありません。ざっくりやってみてください。楽しみながら間違いなくいいものに仕上がります。」とお伝えしました。

 

『花鳥風月』という言葉がありますが、I様のお庭に鶏が素敵な演出をしてくれることは間違いありません。

 

飯田さま3.jpg

 

 

今回のご縁も奇跡と感動で刻んでおきたいと思います。
I様、今後は「業者とお客さん」なんて肩苦しい敷居のないおつき合いをよろしくお願いいたします。
出来上がりの写真、お待ちしております。。。(^O^)/

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chickentractor.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/72

ページ上部へ