ホーム>大自然のニワトリブログ>メディアカテゴリを追加>メディア>伝えたいこと。
メディア

伝えたいこと。

皆さん、まいど、おおきに!
お節介な関西人の血が流れているオニロクこと、藤田でございます!


さてさて、ゴールデンウィーク真っ只中でありますが、いかがお過ごしでしょうか。
私どもは連日、深夜まで仕事が詰まってて休みなし!
ついでに言いますと、ほとんど家に帰っておりません、、、。
もちろんチキントラクター以外の仕事もたくさんやらせていただいており、その合間にブログを書いているわけなんです。w

そして、連休中も毎日のように、全国各地からお問い合わせを頂いております。
女性の方から「私でも動かせますか?」とか、どうせなら特別な鶏を飼ってみたいという男性から「チキントラクターでアローカナを飼いたいんだけど、入手できますか?」などなど。
いただいたお問い合わせには当日中にお応えするようにしております。お気軽にお声がけくださいね。

また、工房脇には形や大きさの異なるチキントラクターがあります。
設置しているのはご注文いただいた完成品や、弊社にて実験や生体の観察を行うための特別仕様品などなど。
直接、ご覧いただける方は素材や大きさ、重さ、そして、草などをついばむ鶏の姿をご覧頂きながら採卵のイメージも掴んで頂けるのではないでしょうか。


採卵室.jpg


鶏たちが健康的にどんなふうに過ごしてるか、いつでも見ることができますよ。


常設展示場.JPG
鶏のいる暮らしは卵や除草だけじゃない、とても豊かなものに変わります。
私ごと、ヤギの飼養歴が8年目に差し掛かろうとしています。家畜と比較して鶏の飼養は気軽に始められます。
もちろん生き物を飼う上で、責任や義務というものが伴いますが、そういった部分でサポートできること、安心して始められる鶏舎の提供が、私どもの特徴ということになります。

まずは心配なこと、不安に感じること、なんでもご相談いただければと思いますので、ホームページのお問い合わせフォームを気軽に使ってくださいね。


先日、長野朝日放送で紹介されたものをYoutubeにアップしました。
スマホで撮ったものなのでひよこがぴよぴよ、賑やかですが、、、。




一か所だけ訂正があるのですが、「夜間、キツネなどの天敵に襲われないように鶏を巣箱に入れる。」とのナレーション。
正しくは「夕方になると鶏が自分で巣箱に入る。」となります。
もちろんそれぞれ性格も違いますので、すべての鶏というわけではありません。念のため、、、。


およそ5分の番組ではおさまらないぐらいたくさんのメッセージがあるのですが、より多くの方に興味をもっていただけると嬉しいです。





 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chickentractor.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/53

ページ上部へ