ホーム>大自然のニワトリブログ>2015年12月

2015年12月

年の瀬

48"牧場と工房.JPG


皆さん、大晦日をいかがお過ごしでしょうか。

私事、今年はいつになく熱く、しぶとく、匍匐前進!という感じの一年だったので、なかなか感慨深いものがあります。

でも、日本の国の進んでる方向に納得できるものが何ひとつ感じられず、正直なところ新年が来て一体何がめでたいのか、素直に喜べないのも事実。不安で不安でしょうがない。生まれ育ったこの国に誇りに思うことって何かあるんだろうかと、、、。

それでもね。苦しくても怯まない!大工のおじいちゃんから受け継いだ熱い火をずっと燃やし続けたいと思っていますよ。


100年後、1000年後の少年少女たちに心から溢れる笑顔を贈る。そういうものづくりを次の年も全うすることを誓います。
来たる2016年。世界中の人々が少しでも多く幸せな時間を過ごせますように。
 

にわとりが行くところへ

さんぽ.jpegのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
こんにちは。オニロクです! クリスマスも過ぎて今年もいよいよ大詰め。
仕事やプライベート、大掃除に片付け。バタバタしながら心も体も迎える2016年に好スタートをきれるようにしたいですね。

今日の写真は仲良しトリオ。笑


チキントラクターを設置させていただいてる新築現場の敷地内。長野県松本市某所。

現場の休憩など、見てあげれる時間などに放してやりながら観察しているんですが、鶏は我々よりもずっと多くのことを知っているんじゃないかと感じています。

一番わかりやすいのが、オーガニックの飼料を与えた時の反応です。野菜、米など無農薬のものを与えた時の反応はすごくはっきりしています。

写真のように広い草地で放してあげると、嬉しそうに追っかけっこしながら美味しいものがある特定の場所に行くんですよ。



 

   

 

 

 

 

 

 

にわとりの歌

白鳥農園.jpg

安心してください。 有機栽培ですよ。 (^ ^)

 

またまた草が青々と育ってる今年の夏の写真です。

場所は有機栽培の白鳥りんご園。

もちろんこの草も安心できる野菜ということが言えます。

 

こういった草地だけで歌う鶏の声があるんです。

ひょっとして鳥はすべて知っているのかなぁ。。。



鳥の“鳴き声”なんて言うけれど、よく聴いてみてください。

やっぱり鳥は歌ってるんだと思います。

 

 

ストレスがあるか、ないか。

こんばんは! にわとり大工こと、藤田でございます!

さて、今日も私どものものづくりについて書かせていただこうと思います。
チキントラクターを製造させていただいております私ども工房鬼六(こうぼうおにろく)。『恒久持続型のものづくり』なんて大それたテーマを掲げておりますが、鶏に限らず目先の素材や周囲の環境に与える(もしくは与えられる)ストレスというものをいつも考えています。

ひとつの木が山や森で育ち自然環境を維持していた年月、森林保全に携わる皆さんが守っている「植える・育てる・収穫する」 という森林のサイクル、それでも我々作り手の中で輸入材の需要が高い現実とそれにより手入れの行き届かない森。

もちろん木工屋として製品を作り上げる技術は求められて当然なのですが、あくまでも扱ってる素材が地球上の資源だと受け止めて手を加えるべきだと思っているのです。これは木材に関わらず釘やビス、蝶番などの金属に対しても同じです。もちろん素材の特性を最大限に活かすことにもつながります。

 

農家の皆さんが研究を重ねて生産されているものもストレスがない状況で育ったものは栄養価や味に違いが出るそうです。
 

そうです。チキントラクタチキントラクターの鶏たちが与えてくれる卵も同じなんです。

 

S農場ACQ-001.JPG

 

飼料や環境に最大限の工夫をされているオーガニック卵には到底かなわないにしても、少なくとも鶏がより自然な環境で飼養することが卵を頂戴する私たちの健康、ストレスのない暮らしにつながると思っているのです。

 

ネラの卵.JPG

 

野のものを食べる鶏は羽根がツヤツヤで、健康そのもの。

そしてよく食う。笑

春先の写真ですが、10羽のメスに1羽のオス。合計11羽の鶏の1日の除草効果はこの通りです。

 

除草効果.JPG

 

草がなくなった部分はつまり鶏が草を食べ糞を落とし耕した状況です。

もちろん【雑草】は鶏にとっては『新鮮野菜』そのもの。

良好に整えられた土壌には数日後、可愛らしい雑草の芽が出てくる。

このサイクルを見ればヒトにとって鶏は除草に活躍し、卵を与えてくれる有難い存在です。

 

もちろん鶏は虫も食べてしまう。害虫も益虫も関係ない。

小さなカエルなども食べてしまう。

私どもがこの点をどう受け捉えているのか、回を改めてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日のはじまり

風のないあたたかい一日。
っていうか、12月の2週目にしてはちょっと暖かすぎる! あとがこわい、、、また爆弾低気圧なんてものが来るのかな。

鶏たちはひょっとしてヒトが予測できないことを知ってるかもしれないと思える今日この頃です。


ACQ-001デモ.JPG




チキントラクターの鶏たちの一日のはじまり。
羽根をのばして「わぁーい、わぁーい☆」なんて姿をご覧ください。






 

ページ上部へ